2016年7月10日日曜日

骨盤から見る姿勢改善

こんにちは^^


すっきり晴れて気持ちいですね!!


各地域で夏祭りなどが開催されている時期ではないでしょうか?


今日、出勤時に神輿の準備をしているところを見てふと思いました。


お祭りはいいですね^^


見ているだけで気持ちが高揚します!!


日曜日ですけど当院は本日も身体の痛み、悩みで困っている方の改善に


導くため頑張ってやっていきます。




さて、姿勢改善は骨盤からとお伝えさせていただいてますが


いかがでしょうか?


あなたの悪い姿勢の土台である骨盤


その骨盤の歪みを改善しない限りは姿勢の改善は難しいです。


昨日までは骨盤の前後の傾きについて書きました。


本日は左右の傾きです!!


前後の傾きでは主に猫背や反り越しなどが見かけで現れます。


今日お伝えする左右に傾きででる症状は、脚や腕の長さの違いや肩の傾きが見かけ上では現れます。


また、背骨に関しましてはC、逆C、S、逆S字型の背骨の特徴になってきます。


この背骨の状態のより肩の高さが変わったり、頭の傾きが変わったりして、肩こりや首の痛みなどの症状がでます。


このC,S字型は見かけ上で分からないです。


骨盤の左右の傾きや腕の長さ、肩の傾きなどで見る事ができます。




左右の脚の長さ、腕の長さが変わる事は身体にかなりの負担がかかっております!!
これが日々蓄積され痛みやコリ、ハリの症状として現れてしまいます。




左の絵の背骨を見てください。
これは首から見ていくとS字状の背骨になっております。

この絵は見えずらいですがC字状の背骨になっております。

土台である骨盤の左右の傾きで背骨の向きも変わってしまうのです。

それが腰、背中の痛みに繋がります。

姿勢改善をするにあたってあなたが現在どのような歪みの状態になっているか知ることも良いかもしれないですね!

以上、骨盤の左右の傾きでの背骨の変化について書かせていただきました。


本日ブログを見ていただきありがとうございました。






0 件のコメント:

コメントを投稿