2016年7月16日土曜日

脊柱管狭窄症 痛み・しびれ

こんにちは!!

今日から三連休の方も多いのではないでしょうか?

良い休日を過ごしてください^^

当院は本日はすごくすごくたくさんの患者さんがいらっしゃいますので

私も頑張りたいと思います!!

さて、一日開けて脊柱管狭窄症の話をさせていただきます。

お医者さんに痛み・しびれは手術をしないと良くなりませんと言われたあなた!

そんな事は決してないです。

その痛み・しびれが筋肉によるものでしたら手術をしなくても改善できる可能性はあります。

原因となっている筋肉、、、

その一つにお腹の筋肉があげられます。


ポイントの筋肉は大腰筋です。

脊柱管狭窄症の方の特徴としまして、反り腰の強い方が多いです。

その反り腰にさせている筋肉が大腰筋なのです。

お腹についている大腰筋が硬くなってしまうと「キュッ」っと腰椎の隙間を縮めてしまいます。

これにより痛み・しびれが生じてしまうということです。




ですのでこの筋肉を緩めることにより痛み。しびれが軽減する可能性が非常に高いです。

また、この筋肉は腰痛を引き起こしている筋肉でもありますので緩めることにより嫌な神経痛と共に腰痛も改善できることになります。

脊柱管狭窄症と言われ、お尻や脚に痛み・しびれがある方はこの筋肉が原因かもしれません。

あなたの痛み・しびれが筋肉によるものでしたら「大腰筋」チェックしなければならない重要な筋肉です。

どこに行っても改善が難しいかったり、緩和されなかった痛みだとしても決して諦めないでください。

あなたが飽きらめない限り、改善する可能性はあるのです。

本日もブログをみていただきましてありがとうございます。





0 件のコメント:

コメントを投稿