2016年7月6日水曜日

慢性痛と姿勢の関係

こんにちは!!


昨日のブログはいかかだったでしょうか?


あなたの慢性的な身体の痛みの原因は姿勢が強く関与しています。


姿勢が整うことにより、筋・骨格バランスは整い、必然的に身体の痛みは改善されるものなのです。


痛みの根本を解決しない限りはいくら筋肉を緩ませたり、血流をよくしたり、電気をかえけたり、マッサージをしても改善しないことを理解していただきたいと思います。


マッサージではそもそも痛み自体は改善しませんけどね、、、


昨日、私は一回の施術で正しい姿勢に導くことができると言いました。


本当のことです。


人により悪い姿勢の度合は違いますが大抵の方は一回でとてもキレイな姿勢になれます。


しかし、一回の施術ではキレイな姿勢の継続はできません。


今回はこの事について書かせていただきます。


何十年の積み重ねで崩れを生じた姿勢を一回の施術で継続させることは難しいです。


大体の方は3.4日で前の状態に戻っていきます。


癖になっている姿勢を正しく戻すことに身体は今までと違うと認識し、また前の状態に戻す力が働くからです。


それが大体3.4日なのです。


そしたらまた、良い姿勢に正さなければなりません。


これを繰り返すことで身体に良い状態を癖つける事が大切になります。


これは姿勢に限ることではありません。


スポーツでも勉強でも同じですが、フォームの癖つけや覚えるためには何回も繰り返しやらなければいけません。


姿勢も同様なのです。


良い姿勢に導かれる事により筋肉の負担も少なくなり慢性痛が緩和していくのです。


歪みやバランスの詳細に関してはhttp://seitai-yurari.com/ 当院のホームページをご覧ください。


姿勢の大切さをこれからも伝えていきます。


本日もブログを見ていただきありがとうございました。













0 件のコメント:

コメントを投稿