2016年8月24日水曜日

巻き爪で痛い

こんにちは。


昨日のブログにて北戸田院の現状をお伝えさせていただきました。


今、全力で復旧に取り掛かっておりますので、


申し訳ございませんが、しばらくお待ちいただけたらと思います。




本日のブログは巻き爪について話をさせていただきます。


巻き爪は軽度から重度まであり、痛みを伴うところまでにな


ると大体の方が中度の巻き爪になっています。


(中度巻き爪)




この中度の巻き爪の方が一番多い中、


中度の巻き爪を放置しておくと、重度に進行してしまい、


(重度巻き爪)


人によっては化膿してしまい、膿が溜まったり、肉芽(にくげ・腫れた皮膚が盛り上がる)状態になる方もいます。


(肉芽)


巻き爪によって炎症状態が強くなってしまうと、とても強い


痛みを伴い、巻き爪治療に関しましても、脂汗をかくような


我慢が必要になります。


ですので、このブログを見ているあなたが巻き爪によって


痛みを生じているのでしたら中度~重度の巻き爪の可能


性が高く、放置することにより、さらに悪い状態へと進行し


てしまいますので、是非専門の医療機関への受診をしてください。


また、お医者さんでは爪切りや爪と皮膚の間にコットンを入


れる等など簡易的な対処をする場所や手術を推奨する場


所などもありますが、その場しのぎの対処療法では絶対に


良くなりません。また、手術は様々なリスクがあるため、で


きるなら違う方法で巻き爪治療をしたほうがよいと私は考えます。


手術をしなくても爪は真っ直ぐになります。


当院では手術ではなく矯正方法を施行しており、多くの結果をだしている技術です。


巻き爪で困ってるのでしたら、一度カウンセリングだけでも良いと思いますので、ご連絡ください。


http://seitai-yurari.com/case/makidume/


本日もブログを見ていただきありがとうございます。



0 件のコメント:

コメントを投稿