2016年9月17日土曜日

肩の痛みは肩甲骨みろ

こんにちは。


肩の痛みについて書かせていただいてますがいかがでしょうか?


肩の痛みに関しましては、実は肩に原因があるものでけではなく、手や腕にも痛みの原因があるのです。


且つ、あなたが日常に手や腕を使うことが多く、肩の痛みを併発しているのでしたら、あなたの肩の痛みは手や腕からきている可能性は非常に高いです。


あなたは身体を見るプロではないと思いますので、施術や治療はできないと思います。


しかし、手や腕を酷使していると判断することは分かるはずです。


当院のブログにて痛みの原因がこの場所からきているかもしれないと判断する事ができたらこのブログは非常に意味があるものだと思ってます。


これからも様々な情報をお伝えしていきますので、是非、見ていただけたら嬉しくおもいます。


さて、肩の痛みについて書かせていただいてますが、


今回は肩の痛み・動きでとても大切な場所


「肩甲骨」


この場所はとてもとても大切な場所であります。


肩甲骨の動きが悪くて痛みや可動制限がある方が多いのです。


また、肩を動かすとういう事は肩甲骨を動かすということなのです。


どうしても肩痛がある方は肩を動くことを避けてしまうので、肩甲骨の動きも悪くなってしまいます。


ですので、あなたがやってもらいたい事は多少の肩痛があっても肩を動かしてほしいのです。


肩を回してほしいと思います。


動く事は痛みの軽減につながります。


動かず過保護にしていてもなんの意味もありません。


痛みがあるから安静にしているという考えは古い考え方です。


痛みがあるからこそ少しずつ動かし改善することが求められます。


少しずつで構いません。


動かして肩の筋肉を使う習慣をつけていただけたらと思います。




当院がおすすめする肩甲骨のセルフケアです。


これを5回反復して行ってください。


本日もブログを見ていただきありがとうございました。

2016年9月16日金曜日

肩の痛みに悩まれているあなたへ

こんにちは。




五十肩について書かせていただきましたがいかがでしょうか?




肩の痛みといっても肩だけに原因があるわけではございません。




肩の痛み一つにしても様々な場所に原因があるのです。




それをこのブログにてお伝えさせていただきます。




前回ご紹介した部位は親指、ひと指し指の付け根部分です。




「ごうごく」ツボの名前でもある場所を紹介しました。






今日ご紹介する場所は




肘から腕にかけての筋肉!「腕橈骨筋(わんとうこつきん)」


ジョッキをもった際に浮き上がる筋肉ですので「ビール筋」なんても呼ばれてます。


この筋肉の疲労やハリが原因により、肩の痛みがでる可能性があるのです。


この筋肉が原因で肩の痛みを生じる方に関しましては日常腕を使う方や重い物を頻繁に持つ方などに多く見られます。


ですので、あたなの日常や仕事上で腕を酷使し、且つ、肩に痛みがあるようでしたら、この「腕橈骨筋」の可能性が非常に高いです!!!


当院では肩の痛みに対して様々な場所から検査し評価し施術しております。


痛みの原因をみつけ、そこにアプローチし改善に導いております。


現在、身体の痛みや問題でお困りでしたら是非お問い合わせください。


ご相談も承りますよ^^


本日もブログをみていただきありがとうございました。









2016年9月15日木曜日

五十肩が改善!!ある場所が大切

こんにちは!!

昨日は寝つきがよくなるポイントをお伝えさせていただきました。

眉間を動かすことで目の疲れが改善し寝やすくなるということです^^

是非、やってみてください。


今回のブログは五十肩!!!

四十肩、五十肩なんて呼び名をしますが、これはこの年齢に多いのでこのような呼び名になっております。

20代、30代でもなる可能性はありますよ!!


五十肩は肩の痛みが出でいるので肩に原因があるのでは??

そう思うのが普通だと思います。

しかし、、、

肩に原因が無いケースも多いのです!!

ではどこがあの痛い五十肩の原因にさせているのか、、、

それは「手」です!!

手の疲労やこわばりが肩の痛みとなって出現しています。

また、手でも親指と人差し指の付け根間の部分

ツボの名前ですと「ごうごく」と呼ばれる場所が原因としてあげられます。



実際に肩を挙げた際に痛みがある方で、この「ごうごく」を押さえながら挙げていただくと

「痛みがない!!!」と言われる方が多いのです!!



実際にこのブログを見ているあなたが肩に痛みがあり、且、挙げた際に痛みがあるのでしたら

家族に「ごうごく」を押さえてもらいながら挙げてみてください!!

痛みが軽減したら、後はあなたがするセルフケアは「こうごく」を軽く刺激してみてください。

また、手の疲れをとる事をしてください。

ただ、それはセルフケアにしかすぎません。

肩に痛みがある方は痛みのせいで多くの場所に負担がかかります。

根本から改善したい方は、ぜひ当院までお問い合わせください!

本日もブログを見ていただきありがとうございました。





2016年9月14日水曜日

このブログを見たあなたは、寝つきがよくなります。

こんにちは。

先月より改装中の北戸田院ですが、
9月20日より再開いたしますので、お近くの方でお身体に悩みを抱えている方は是非お電話いただきたいと思います。
北戸田院 048-287-3318 です!



さて、本日は「寝つき」について書かせていただきます。

布団に入ってから眠りに付くまで、ものすごく早い方っていますよね!!

寝つきが悪い方は寝る前に、硬くなっている筋肉を緩めると、眠りに付きやすくなります。


寝つきについて何点かポイントとなる部位がございますが、今回はその一つをご紹介致します。

それは眉間を緩めることです。

眉間に力が入りすぎる人は目が疲れている人が多いです。



眉間に力が入っている人ってたまにいますよね。

いつもムッとした顔になっている感じです。

眉間にシワがよっているということは、目に力が入りすぎています。
眉間を緩めるということは目を緩めることに繋がります。


眉間を緩める方法

実際に手で眉間を触って、まず左右に引っ張ります
頭蓋骨1

そして次におでこと小鼻を触って、上下に引っ張ります
頭蓋骨2


どちらの方向もあまり強く引っ張りすぎないようにしてください。
伸びている感覚があれば十分です。
うまく緩めることができたら、面白いくらいすぐに眠りに付くことができますよ^^

睡眠の重要性は説明しなくてもご存じかと思います。

直ぐに眠りに付くことができ且つ、良質な睡眠をとる事ができたら言う事ないですね^^

是非、試してみてください!!

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

2016年9月13日火曜日

9月20日より北戸田院 再開

こんにちは。

本日は皆様にご報告があります。

8月22日の台風9号により床上浸水被害のため、改装中であった北戸田院ですが、9月20日より再開出来る見通しとなりました。

皆様には本当にご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。

また、先月のチラシをみてご連絡いただいた方は今月9月30日までプレオープン価格で対応させていただきます。

今後このようなことが無いよう最善の対策を駆使ししておりますので、どうぞお気軽にご連絡いただけたらと思います。

何かありましたらご連絡ください。

北戸田院 9月20日よりスタート



2016年9月11日日曜日

あなたの頭痛はどこから?

こんにちは。
週末はいかがお過ごしでしょうか?

当院は本日もたくさんの患者さんが来られますので、しっかり施術していきたいと思っております!!

さて、今回のブログは「あなたの頭痛はどこから?」です。

頭痛で悩まされている方はたくさんいると思います。

大体の方は頭の横、後ろに痛みや怠さが出ます。

また、緊張性頭痛と言い、肩首のコリやハリ、ストレス等で

出現しやすいのも特徴としてありますので、コリ、ハリの改

善や血流を良くする事で痛みが緩和される方がおおいで

すが、それでも改善しない方、又、首肩のコリと共に改善す

る事により、とても頭痛に効果的な場所があります。

その改善すべき場所は、、、

蝶形骨です。

これは頭の骨一つです!!

神の骨とも呼ばれており、この骨をやさしく刺激することにより頭痛が改善されます。

また、この蝶形骨を調整することで自律神経の働きが、良くなることも期待できます。

自律神経失調症や、その他の不定愁訴には、大いに効果が期待できます。脳内の代謝がよくなり、頭の中がすっきりします。

頭がスッキリし気分がよくなります。幸福感が実感出来て、やる気が出てきます。

蝶形骨の調整はあたながより良く生活するための大切な場所なのです。

もちろん自分でもセルフケアとして調整することも可能です。

この調整方法は次回のブログにてご紹介させていただきます。

楽しみにしてくださいね^^

本日もブログを見ていただきありがとうございます。


2016年9月10日土曜日

家・会社で出来る簡単!!腰痛セルフケア

こんにちは。

週末晴れそうですね!!
9月に入り10日経ちましたが、まだまだ日中は暑さが厳しいです、、、

ただ、朝・夕がとても爽やかな気温で、すぐにでも過ごしやすい季節になりそうですね^^


今回のブログは家・会社でできる腰痛予防・緩和セルフケアです。

家では様々なセルフケアをすることは可能だとは思いますが、会社内でストレッチやセルフケアをするのは、どことなく人目を気にします、、、
ただ、デスクワークの方は長時間座って動こうとした直後、又、座っている際に腰痛が生じ
「イテッ!!」という経験があるのではないでしょうか?

そんなデスクワークを余儀なくされる方への会社でも回り目を気にせずできるセルフケアをお伝えしたいと思います。

それが題して、、、「骨盤コロコロ」です!!
骨盤を前後に動かすセルフケアです。
当院ではこのように言ってます。

メディアでもご紹介されたこの骨盤コロコロは非常に腰痛に効果的なセルフケアであります。

長時間座られている方、腰痛が強く出る方、慢性的になっている方の特徴としては

お尻の筋肉が固い傾向があります。

このお尻の筋肉が固いと骨盤の動きを制限してしまうため、腰の柔軟性がなくなり、腰痛となって出現するのです。

ですので、骨盤の動きは腰痛にはとても大切であります。

また、そもそもお尻の筋肉が固いせいで骨盤の動きが制限されてしまう為、お尻の筋肉も同様に柔らかくしなければなりません。

ですのでお尻の筋肉のストレッチもしっかりと行ってください。

今回お伝えさせていただく「骨盤コロコロ」は座っている状態で骨盤を前後に動かします。

姿勢良く座ってもらい、まずは骨盤を後ろに倒し、倒したら、骨盤を先ほどの状態へと立たせることをスムーズに反復しておこなうセルフケアです。


絵では腕を組むようなことをしておりますが必要ありません。
また、骨盤をる立たせる際に背中を反らせる必要もありません。
骨盤を立たせて姿勢を良くするだけで大丈夫です。

この動きをスムーズに反復し、だいたい20回を目安に行ってください。
そうすることで骨盤の動きがつき腰の筋肉に対してのケアもできるのです。

腰痛がある方は骨盤を後ろに倒した際に痛みを伴う方が多いです。この方は腰の柔軟性がない方ですのでしっかり毎日やっていただくと自然にこの痛みやハリ感はなくなります!!


中々、文では説明しづらいセルフケアですがやってみてください!!

また、腰痛で悩んでいる方は是非行ってください。
ご質問やご相談はお気軽にご連絡ください。

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

2016年9月9日金曜日

婦人科系症状

こんにちは。

女性での婦人科系症状で多くの方が悩まれています。

また、とてもデリケートな部分でありますので中々言いづらいところでもあります。

前回のブログでは生理痛のことについてお話させていただきました。

一言で生理痛と言っても一人ひとり様々な症状が現れます。

様々な症状が現れる中で共通して見られることとして、内臓下垂があげられます。

婦人科系症状が強い方は内臓が下垂し、下腹部を圧迫し、とても窮屈な状態になってしまう傾向があるのです。

ですので、下腹部痛を伴う方の割合は大きいです。


この下腹部痛と共に様々な症状の軽減のためには下がった内臓を上にあげる必要があります。

あげることにより痛みは緩和され、正常な状態へと戻るのです。

また、上げたことにより施術後は下腹部に空間があるような体感がえられます。

当院で行う婦人科系症状緩和の整体は強い刺激を与えず、リラックスした状態で施術が受けられます。

また、姿勢の歪みをしっかりと調整し、筋肉・骨格にストレスがない状態にし、あなたの生活を支障なく過ごせるような姿勢に整えます。

薬でその場をしのいだとしても、内臓と共に姿勢の状態が良くないことでこの先もずっと症状に悩まされることになってしまいます。

当院にはこのような症状の方が来院れています
生理痛
生理が重い


生理時に
腰が痛い・頭痛がする・足がしびれる・排便すると痛い

頭痛がする・便秘になる・下腹部が痛い・腰痛がする・食欲が増進する
イライラする・気分が落ち込む・不眠になる



こんな婦人科系症状に悩まれている方はご相談ください。



本日もブログを見ていただきありがとうございました。


2016年9月8日木曜日

生理痛が辛い、、、

こんにちは!



本日のブログは生理痛がつらい、、、そんな女性のために書かせていただきます。



ひと言で生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など、同じ女性であっても千差万別。

一人ひとりが別々の生理痛を、毎月経験しているといってもいいくらいです。

ではなぜ生理痛は起こるのでしょう。

特に大きな要因となっているのは女性ホルモンのひとつであります「プロスタグランジン」というホルモンです。

また、姿勢の乱れからくる内臓の位置や動きの悪さなどが考えられます。

ホルモンバランスや姿勢の変化は身体をコントロールする自律神経のバランスをくずし、頭痛や胃痛、イライラなどの不調を引き起こします。





また、免疫力が下がり、自分で自分を治す力=自然治癒力が低下してしまい、


様々な症状や状態を引き起こすのです。



女性ですとその代表的な症状が生理痛なのです。





当院で行う生理痛緩和のための姿勢調整や内臓調整は呼吸と共に自律神経のバランスを整え、内臓の位置をストレスない場所に誘導します。

そうすることで、生理前、生理後の痛みや嫌な症状が緩和されるのです。

月に一度辛い症状がでて、薬に頼っているのなら是非、ご相談ください。

女性ホルモン・プロスタグランジン~豆知識
このホルモンは生理前に急に増えます。この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。この量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にも。実は陣痛のときの痛みもこのプロスタグランジンが原因です。また、生理痛のある女性では、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が生理痛のない女性より多いこともわかっています。

本日もブログを見ていただきありがとうございました。



2016年9月7日水曜日

あしのシビレを何とかしたい

こんにちは。


各地で台風の被害が多く出でおります、、、

台風13号も日本列島を横断するみたいですので、気を付けてください。


今回のブログは「あしのシビレをなんとかしたい」 です。

あしに痛みやシビレがでる方はたくさんいます。


当院にも「あし」の痛みシビレをなんとかしてください!!と多くの

患者さんが来院されます。


そもそも、「あし」の痛み・シビレの原因とは? なのですが、、、

ヘルニアや脊柱管狭窄症などで神経に何かしら触れてしまい、そ

れが、あしに痛み、シビレとして出現するものと筋肉の硬さや機能

不全が原因で痛み、シビレがでるものに分けられます。


もし、あなたのシビレや痛みが脊柱管狭窄症やヘルニアなどで出でいるのでしたら、

やはり痛みの改善、身体の調整をしなければなりません。

ただ患者さんの中には此処に来れば痛みやシビレを治してくれると思って来院される方もいます。

もちろん最善をつくして症状の緩和に努め、自覚症状が出ないところまでは施術で可能となりますが、10の痛み・しびれ→0にすることはできません。

また、少ない回数で良くしてくれると思って来院される方もいますが、今までの積み重ねが現在のあなたの痛みです。

施術後は改善はできますが、また、元に戻る作用が働きますので、何回か繰り返し施術することが絶対に必要になります。

また、状態によっては我々の適応外の症状もあります。

現状の痛み・しびれが強く出現し、困っているのなら、まずはその痛みが一日気にしないで生活することができたら素晴らしいことです。

5分も歩けなかった方が10分歩けるようになったら状態が改善していると言えるのです。

ここの小さな変化から徐々に変わっていくのです。

3・4回行って改善しなかったから、別の場所に変更する。でも良

いですが、あなたを診た先生は少なくとも最善を尽くし施術してい

ると思います。

ほんの小さな変化をしっかり評価し、それを積み重ね、状態回復に繋げる意識を持つことも大切ですよ。

日々の積み重ねが今の症状です。

決して諦めないでほしいです。

本日もブログを見ていただきありがとうございました。





2016年9月6日火曜日

痛みない生活をおくるためには

こんにちは。

9月に入りましたが、まだまだ暑い日々が続いておりますね!!

熱中症には気を付けてほしいと思います。


前回のブログにて骨盤の歪み、傾きは日常の癖が原因とお伝えさせいただき、

また、歪みが生じやすい代表的な座り方や寝かたもお伝えさせていただきました。

このブログを見てあなたに気づきがありましたら、とてもよかったと思います。


身体の歪みは筋肉や関節にストレスを与え、結果、痛みやコリなどになります。

ですので日々のあなたの姿勢や行動、普段何気なくしている動作が簡単に身体の歪みの原因となります。

常に姿勢や歪みに対して意識をもって生活するのはとても難しい

ですが、少し気にしてもらう事で、あたなの身体の状態や歪みは確実に変化していきますよ!

痛みの無い生活を送るためには、あなたの意識や気づきも大切になってきます。

毎日、ケアやメンテナンスをしてくれる環境に入れるのであれば、とても良いことですが、そういうわけにもいけません。

自分で自分の身体を改善する!!また、自分で改善できるところまで、サポートしてもらい、

その後、教えられたセルフケアやストレッチなどを継続てきに行う気持ちを持つ必要があります。

何もしなければ確実に身体は良くない方向にもっていかれます。

時間があるけど自分ではできない、また、何をすればよいかわか

らない方は、ブログにて様々な情報をお伝えしておりますし、痛み

があって悩んでましたらご相談ください。

私はあなたの身体を回復させる為にいるのです。

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

2016年9月3日土曜日

骨盤の歪みは生活での癖が原因

こんにちは。


疲れは身体の様々な場所に痛みとして現れます。


是非、リセットして身体の回復をしてもらいたいです。


そのためには、睡眠もそうですが身体のメンテナンスとして


日々のケアも必要になってきます。




本日のブログは 「骨盤の歪み、傾きは生活での癖が原因」 です。


骨盤は正面から見て左右どちらかが高い、脚の長さが違う方が

殆どですが、この傾きは日々の癖が原因と考えられます。




考えられる癖として、、、


・座った際の脚を組む方
左脚を上にして組む方の傾向しては左の骨盤が高くなりやすいです。


右を上にする方はその逆です。


・睡眠時
横向きで寝る方
左を上にして横向きで寝られる方は左の骨盤が高くなりやすいです。


右を上にする方はその逆です。


・横座り


左足を上にして横に流して座るかたは左の骨盤が高くなりやすいです。

右を上にする方はの逆です。


このように普段何気なく行っている癖が骨盤の傾き、歪みとなり


身体への負担となり痛みとして現れてしまいます。


例として3つの傾きが出やすい動作の事をあげさせていただきました。


参考にしていただけたらと思います。

骨盤の傾き、歪みは身体の痛みに繋がります。

今の動作を日常しているようでしたら、意識して改善することにより大きく変化いていきます。



本日もブログを見ていただきありがとうございました。











2016年9月2日金曜日

疲労たまってませんか?

こんにちは。


前回のブログでマクラをご紹介させていただきました。


睡眠の質を高めるためにはとても大切なアイテムになりますのでマクラでお悩みがある方は是非ご連絡ください。




今回はブログのタイトル通り


疲労たまってませんか?


身体を酷使して無理してませんか?


もちろん無理も必要だとおもいますし、目的のためには頑張らなくていけないところも出てきます。


しかし、リセットも必要です。


良い仕事や充実したプライベートを過ごすためには身体をリセットすることは必要なのです。


また、疲労の蓄積は身体に大きなダメージを与えます。


代表的な症状としてはギックリ腰です。


ギックリ腰は腰に原因は無く、身体全身の疲労が蓄積され、腰に痛みとして現れるのです。


腰は人間の要です。


要となる腰の痛みは生活にとても支障をきたします。


頑張ることはとても大切です。


しかし、頑張る為には身体が動いてないと頑張れません。


どこかのタイミングでリセットしてみてください。


本日もブログをみていただきありがとうございました。







2016年9月1日木曜日

首の痛みはマクラから改善

こんにちは!



9月に入りました。



一日がとても早く感じます。



時間はみんなが平等であり、限られています。



この時間をどう使うかはあなた次第ですが、是非、よりよく


お過ごしいただけたらと思います。




前回はストレートネックの改善方法の選択肢として「マクラ」


をご紹介させてもらいました。



日々の生活で首にストレスが蓄積してしまい、ストレート


ネックや痛みの症状として現れます。




せめて寝ている間は正しい首の位置とともに、ストレスが


無い首でいたいものです。




当院がご紹介する「センターラインピロー」は首を正常な位置に整えるために特化したマクラであり



人がストレスなく、楽でいられるためには、やはり正しい姿


勢や捻じれ、歪みのない身体が一番理想です。






















低反発、高反発マクラやストレスなく眠れるマクラはたくさ


ん商品といて市場にでておりますが、そもそもの首の状態


が正しくないな、まずはそこの調整をしないと根本的な改善には至りません。



また、意識して首を良い状態に正すことはとても無理があ


り、大変なことだと思います。



無意識で正しい状態に戻せたら何よりも楽ですよね!!



今回、当院がお勧めする「センターラインピロー」はストレー


トネックで気になっている方や首に痛みがある方は非常に効果的です。



マクラを変えようか悩んでしました、一度あなたの首が現在


どのような状態になっているかしっかり把握してから買うべ


きです。



当院でも適切なアドバイスをさせていただきますので、ご相談ください。







本日もブログをみていただきありがとうございます。